【作例あり】ソニーEマウントVario-Tessar FE 16-35mm F4 ZA OSSをレビュー

レンズ

2本目のレンズにもオススメしたい広角レンズ。ソニーEマウントだと何本か選択肢がありますが、Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS(SEL1635Z)をオススメしたいです。

今回はソニーEマウントの広角レンズを探している方にSEL1635Zの魅力を紹介していきたいと思います。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの基本情報

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの基本スペックは以下のようになります。

焦点距離16 – 35 mm
F値4 – 22
絞り羽根7枚
フィルター径72 mm
手ぶれ補正あり
最短撮影距離0.28 mm
重さ518 g

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSのオススメポイント

まず、このレンズのオススメしたいポイントをまとめました。

  • 軽くて小さい。
  • 広角側は16 mm, 望遠側が35 mmまである。
  • 手ぶれ補正あり。
  • フィルターが付けられる。
  • 光芒は割と派手に出る。
  • 逆光耐性が高い

軽くて小さい

左;SEL1635GM 右;SEL1635Z

F4通しの小単元レンズSEL1635ZとF2.8通しの大三元レンズSEL1635GMを並べてみました。右のレンズが今回紹介するSEL1635Zです。大きさを比較するとSEL1635Zの方が一回りくらい小さいです。

ちなみに、広角側の16 mmにするとレンズが伸びるという変わったレンズでもあります。伸びたとしてもそんなに大きくならないですが。

左;SEL1635GM 右;SEL1635Z

具体的な大きさは78 x 98.5 mm(最大径x長さ)、重さは518 gとフルサイズ用としては軽いレンズです。この大きさなので、一時期散歩用のレンズとして持ち歩いていました。

焦点距離

Sony a7iii Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 100 / 16 mm / f13 / SS 5 s
Sony a7iii Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 100 / 35 mm / f11 / SS 25 s

1枚目は16 mm側で撮影したもので、2枚目は35 mm側で撮影したものになります。16 mmもあれば普段使いなら十分な広さですね。

望遠側の35 mmの焦点距離といえば、35 mmの単焦点レンズが各社から発売されており、非常にメジャーな焦点距離でもあるので画角的にとても使いやすいです。夜景においても収まりが良いです。

手ぶれ補正あり

SEL1635Zにはレンズ内手振れ補正が搭載されています。大三元レンズのF2.8通しに比べると一段暗いレンズになるので手ぶれ補正は嬉しい機能です。そもそも、広角レンズなので、シャッタースピードは比較的遅くできますが、さらに遅くできる点はかなりのメリットです。

フィルターが付けられる

広角レンズの中には、通称出目金と呼ばれる丸く出っ張ったレンズが前玉に使用されているレンズがあります。このようなレンズだとフィルターも取り付けられず、レンズのガラス面に傷つく心配が常にあります。

これに対してSEL1635Zはフィルターが取り付け可能です。さらに、フィルター径も72 mmと少し小さめなのでフィルターも安く済みます。

光芒

Sony a7iii Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 100 / 16 mm / f11 / SS 5 s

街灯の部分で光芒を確認すると、均一で綺麗な光芒とは言えませんが、割と派手に出てくれます。好みは分かれそうですが、派手に出るので私はこの光芒も好きです。

逆光耐性が高い

ゴーストやフレアとは無縁のレンズだと思います。私の使い方だと、街灯でゴーストやフレアが出てしまう心配がありますが、このレンズだとほとんど出ません。おそらくZaissのT*コーティングの効果だと思います。

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSSの欠点

このレンズの欠点は以下のようになります。

  • サイドにAF/MF切り替えスイッチなどがなく、使い勝手が悪い
  • ボケが汚い

スイッチ類はない

レンズの横にAF/MF切り替えスイッチなどは何もありません。AF/MF切り替えや手ぶれ補正のON/OFFはカメラ側で操作しないといけません。夜景撮影メインで三脚をよく使うので少し不便です。

玉ボケが汚い

前回紹介したSEL24105GもSEL1635Zと同じF4通しでですが、ボケは期待以上に綺麗でした。一方、SEL1635Zの玉ボケはお世辞にも綺麗とは言えません。

【参考記事】ソニーEマウント「FE 24-105mm F4 G OSS」のレビュー。はじめの一本にオススメのレンズ

ソニーEマウント「FE 24-105mm F4 G OSS」のレビュー。はじめの一本にオススメのレンズ – よるどり

おそらく絞り羽が7枚なのもボケの綺麗さに起因しているような気はします(SEL1635Zは7枚、SEL24105Gは9枚)。羽が少ないのでボケが丸になりません。このレンズに綺麗な玉ボケは期待しない方が良いでしょう。

作例

なるべく焦点距離がバラけるように写真を選びました。16 mmから35 mmまで使えるのは本当に使い勝手が良いです。

Sony a7iii Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 100 / 16 mm / f11 / SS 15 s
Sony a7iii Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 1250 / 20 mm / f7.1 / SS 1/15 s
Sony a7iii Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 100 / 24 mm / f13 / SS 5 s
Sony a7iii Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
ISO 8000 / 35 mm / f8 / SS 1/15 s

なぜこのレンズに決めたか

レンズ選びのポイント

私が広角レンズを選ぶときに定めている軸が以下のようになります。

  • 軽いレンズが欲しい。
  • なるべく出目金レンズは使いたくない。
  • 望遠側は30 mmくらいまで欲しい、35 mmまであると嬉しい。

悩んだレンズ

また、比較して悩んだレンズは以下のものになります

  • SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN|Art
  • Tamron 17-28mm F/2.8 Di III RXDF(Model:A046)
  • Sony FE 12-24mm F4 G SEL1224G

決め手

そして、SEL1635Zを選んだ決め手は以下のようになります。

  • 一番使いやすそうな画角が使える。
  • 出目金レンズじゃない。

SIGMAとSonyのレンズはいずれも出目金レンズであり、SIGMAは重さが795 gと重く、Sonyは予算オーバーだったので候補からは外れました。残ったTamronとSEL1635Zを比較しましたが、Tamronの焦点距離の狭さと広角側が17 mmと1 mm狭かったところが譲れずSEL1635Zに決めました。広角側の1 mmは大きいです。

まとめ;SEL1635Zがオススメな人

SEL1635Zを使って感じたメリット・デメリットを書いてみました。これらを踏まえてこのレンズが向いている人は次のような人だと思います。

  • 気軽に出かけるとき用のレンズが欲しい人
  • 夜景、風景をメインに撮っている人
  • レンズの逆光耐性が気になる人

反対に以下のような方には向かないレンズだと思います。

  • ボケるレンズや明るいレンズが欲しい人
  • 16 mmじゃ画角の足りない人

16 mmじゃ足りない方は先ほどあげたSIGMAやSonyの12-24のレンズや14 mmの単焦点などが良いと思います。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。