縦構図で夜景を撮るときに便利なグッズ「アルカスイス互換L字プレート」

レビュー

カメラで撮影するときは縦構図と横構図があります。手持ち撮影の時は腕が自由に使えるので、特に不便を感じず縦でも横でも撮影できます。

一方、夜景を撮るときは三脚を使います。そうすると三脚にカメラを固定しますが、カメラは横向きに固定されてしまいます。三脚使用時に縦構図にしようとするとバランスがとれず最悪三脚がカメラごと倒れてしまいます。この問題を解決するのが今回紹介する「L字プレート」です。

また、タイトルについているアルカスイスについても記事後半で合わせてご紹介したいと思います。

L字プレートレビュー

L字プレートとは何か

L字プレートとは文字通りLの形をした金属のプレートで、カメラにつけて三脚にカメラを固定する際に使うものになります。

私が使っているものは、INPON 汎用 L型ブラケット アルカスイス互換というものです。特に専用のカメラように設計されたものではなく、どんなカメラにも着くタイプのものです。

カメラによっては専用のL字プレートも用意されています。例えば、私の使っているSony a7iiiだとこんな商品もあります。

使い方は簡単で

三脚用のネジ穴に付属のネジを使って固定します。

カメラに装着するとこんな感じになります。

この画像の右側にもプレートがあり、この部分を三脚に取り付けると下の画像のように縦向きでカメラを固定することができます。

L字プレートを使うことでこのように縦向きにカメラを固定することができます。

なぜオススメなのか

オススメしたい理由は「縦構図でも安定して三脚に取り付けることができ、三脚を倒す心配がないから」です。

実際に三脚に設置して説明したいと思います。

カメラを横に構えてカメラの中心でセットすると画像のように安定しています。

一方、雲台を動かしてカメラを縦方向に向けると画像のように重心が右側に傾き、アンバランスになってしまいます。実はこのままだと倒れてしまうので、三脚の左側の脚を支えています。それぐらい不安定な構え方なのです。

L字プレートを使って三脚にセットするとこの問題は解決できます。

L字プレートを使ったときは重心が左右に傾いていましたが、今回はしっかりと三脚の軸(中心)に重さがかかっているので安定しています。

もちろん横構図も今まで通り普通に使えます。

使用感

私が使っているのは、Sony a7iii用に設計されたものではなく、汎用品を使っているため以下のような問題が生じています。もし、L字プレートを購入する際にはこの辺りも参考にしてください。

コネクタ類と干渉する

Sony a7iiiはオレンジ色の四角で囲った部分にUSB接続する端子やHDMI端子などがありますが、L字プレートの枠が干渉してそのままでは蓋を開けません。私は本体にUSB type Cを接続して充電をしますが、わざわざプレートをずらさないといけないので面倒です。

ストラップと干渉

オレンジ色の丸で囲った部分のようにストラップも若干干渉します。ここは、コネクタのように利便性問よりは、本体の金具部分に傷が着くので困っている部分です。

アルカスイス互換とは

ここからはアルカスイスについて説明したいと思います。アルカスイスとは、三脚のカメラを載せる部分、雲台を作っている会社の名前です。

クイックシュー;これをカメラにつけると三脚に素早く装着できる

この会社が作っている規格と同じクイックシューを他社が真似し、他社製の雲台でも同じクイックシューで装着できるようになりました。この互換性をアルカスイス互換と呼びます。

アルカスイス互換の製品は多く存在するので、今回紹介したL字プレートはアルカスイス互換の三脚であればプレートそのままで、すぐに別の三脚に取り付けることも可能です。

まとめ

今回は、縦構図でも安定して三脚に取り付けるためのグッズ「L字プレート」を紹介しました。実際にやってみるとよくわかるのですが、L字プレートなしで縦構図にしようとすると相当バランスが悪くなります。ものを選べば効果なものではないので、夜景を撮る方にはオススメです。

また、後半ではアルカスイス互換について少しだけ紹介しました。三脚などを選ぶときはアルカスイス互換のものをえらうほうが無難です。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。