三脚を使って綺麗な夜景を撮ろう。カメラの設定やコツをまとめてみました。

初心者向け

カメラを買ったらチャレンジしてみたいものといえば夜景。しかし、夜景は撮るのが難しそうという意見も聞きます。三脚を使えば簡単に綺麗な夜景を撮れます。今回は、三脚を使って夜景を撮るときのカメラの設定やコツを紹介していきたいと思います。

綺麗な夜景の写真

まず、前提として私が思う綺麗な夜景の写真についてポイントをまとめました。

  • ノイズが少ない、ざらざらしていない。
  • ピントがしっかりと合っている。
  • 手振れがない。
  • 適正な露出(変に暗すぎず、明るすぎず)。

このポイントをクリアしている写真が綺麗な夜景の写真と考えています。

今回は三脚を使って上のポイントをクリアしていきたいと思います。手持ちでの撮影でこのポイントをクリアすることは難しいですが、三脚を使うと簡単にできます。

ただし、三脚はいつどんな場所でも使えるわけではありません、三脚が使えない状態で撮影する場合は以下の記事を参考にしていただければ幸いです。

【参考記事】三脚が使えない状況でも大丈夫。手持ちでの設定やコツをまとめてみました。

三脚が使えない状況でも大丈夫。手持ちでの設定やコツをまとめてみました。 – よるどり

三脚での撮影方法

カメラの設定

三脚での撮影の場合は以下の設定になります。特にこだわりがなければ露出が±0になるように設定を合わせましょう。

撮影モードマニュアル
フォーカスマニュアル
F値F8〜11を目安(光芒を狙う時はもう少し絞る)
ISO50〜100 or 200
シャッタースピード露出に合わせて自由
手ぶれ補正OFF

もし、露出の三要素(シャッタースピード、ISO、F値の関係)について自信がない‥と言う方がいましたら以下のリンクを参考にしてみてください。露出の三要素の関係について纏まっています。

【参考】【撮影基礎講座1】誰でもわかるカメラの露出。絞り・シャッター速度・感度で写真をコントロール!

【撮影基礎講座1】誰でもわかるカメラの露出。絞り・シャッター速度・感度で写真をコントロール!|フィルムカメラと中古レンズの通販 サンライズカメラ

撮影モード

三脚を使う場合も撮影モードはマニュアルで共通です。

フォーカス

フォーカスについては、三脚撮影の場合はマニュアルにします。三脚に固定すると、三脚を動かさない限り一度ピントを合わせれば問題ありません。

F値、ISO、シャッタースピード

他の設定については、手持ちの時よりも設定が自由になりました。カメラが固定されているので、シャッタースピードは遅くし、ISOはノイズが乗らないように最小値まで下げましょう。ISOが高いと上の画像のようにノイジーな写真になってしまいます。

そして、絞りはピントを全体に合わせるためにF8〜11の間にしましょう。絞ると綺麗に光芒が出るのでオススメですが、絞りすぎると画質も低下するので注意しましょう。上の画像では、少し多めに絞ってF14で撮影しています。光芒の出方はレンズによってかなり異なりますが、大体はここまで絞れば大きな光芒が出せます。

手ぶれ補正

そして、最後に私もよく忘れる項目、手ぶれ補正です。

このレンズでいうとOSと書かれたスイッチです。撮影前に確認して必ずOFFにしましょう。
OFFにしなかった場合、手ぶれ補正が働き三脚を使っているのにブレブレの写真になってしまいます。

三脚での撮影のポイント

風に注意

三脚を使う撮影の際、風が強い場合もあります。三脚ごと倒れるとカメラもろともいくので気をつけましょう。

また、風が原因でブレた写真になってしまう場合もあります。そんな時は絞りやISOを変更して、シャッタースピードを少し早くしましょう。

レリーズやセルフタイマーを使う

レリーズとは簡単にいうとシャッターを切るためのリモコンです。Amazonなどにも売っています。
直接、カメラのシャッターを切るとカメラに振動が伝わり結局ブレた写真になってしまいます。
ブレを防ぐためにレリーズを使いましょう。

また、セルフタイマーを用いる方法もあります。シャッターを押してから何秒後かにシャッターがきれるようにしてブレをなくすことも出来ます。

Sonyのカメラであれば、純正のBluetoothのレリーズもあります。

三脚を使うからこそ撮れる写真(応用)

ここからは、三脚を使うからこそ撮れる写真を2つ紹介したいと思います。先程、紹介した設定に一工夫加えるとこれらの写真も綺麗に撮ることができます。

光跡(レーザービーム)

車のライトの跡「光跡」も三脚がないと撮れない夜景の一種です。光跡を撮るときの設定やコツは以下の記事にまとめていますので、ぜひ読んでください。

【参考記事】カメラでレーザービーム(光跡)を撮ってみよう!Photoshopの比較明合成を使って仕上げる。

カメラでレーザービーム(光跡)を撮ってみよう!Photoshopの比較明合成を使って仕上げる。 – よるどり

花火

三脚を使えば花火も撮ることができます。ただし、タイミングも難しく設定やコツを学んでも慣れが必要かなと個人的には思います。花火についてもいつか記事にまとめてみたいと思います。

まとめ

夜景撮影に関する設定やコツをまとめました。この記事を元に撮影して、夜景に興味を持っていただけたら嬉しいです。後半に紹介した光跡の撮影や花火の撮影については、今回の記事の内容をベースにコツをプラスアルファで掴めば撮影することができます。ぜひチャレンジしてみてください。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。