月額980円でカメラについて学ぶ。Kindle Unlimitedで安く勉強しよう

レビュー

カメラの勉強と言えば方法は色々ありますが、書籍での勉強方法を考えたいと思います。しかし、本での勉強となると本を増やすのにお金もかかるし、場所もとる‥などといった問題があります。そこでオススメしたいのがKindle Unlimitedです。今回は、Kindle Unlimitedで読めるオススメの本を紹介したいと思います。

Kindle Unlimitedとは?

Kindle Unlimitedとは、Amazonが運営する月額980円(税抜き)でKindleが読み放題になるサービスです。対象の本は、雑誌や漫画も含めて約12万冊ほどあります。カメラ系の本も豊富に揃っています。また、初回であれば30日間の無料体験もできます。

カメラが趣味の方は、980円で知識を深められると考えるとかなりお買い得ですよね。一般的なカメラ系の雑誌は一冊で約1000円なので、すぐに元が取れます。

ただし、Kindle Unlimitedの利用において注意点が2つあります。

  • 雑誌の場合、最新号をすぐには読めない。
  • Kindleアプリに保存できる読み放題の本は10冊まで。

雑誌については最新号をすぐに読めるわけではありません。その月の20日前後から読めるようになるものもあれば、2ヶ月前の雑誌が読めるなど雑誌によってさまざまです。また、一度に本体に保存できるkindleの本は10冊までとなっています。読み終わったものを利用終了すれば問題ありませんが、何冊も取り込めるわけではありません。

実際に読んでオススメしたい本

カメラ雑誌

デジタルカメラマガジン

撮影テクニックやレタッチの方法、新発売されたカメラの情報などバランスよく情報が載っている雑誌だと思います。月毎にテーマが決まっており、夜景の特集もあるのが嬉しいポイントです。また、最新号はその月の20日前後に読めるようになります。

CAPA

こちらの雑誌はテクニックと言うよりは、機材にフォーカスを置いた雑誌です。よく、新商品の紹介やレンズやカメラの性能比較について書かれています。新商品で気になる商品があった場合に読んでいます。この雑誌についても最新号はその月の20日前後に読めるようになります。

フォトテクニックデジタル

ポートレートに関するテクニックやレタッチがまとめられている雑誌です。グラビアのページも先程の雑誌に比べると多いです。ポートレートをたまにしか撮らないので、こういった雑誌で知識をつけたいと思い読んでいます。ただし、最新号をその月に読めず、2ヶ月前のものしか読めないのがネックです。

カメラ教本

思い描いた世界観を表現する仕上げの技法 超絶レタッチ術 

こんな写真が撮れるのか!というシリーズの一冊。風景、夜景、ポートレートなどさまざまなジャンルのレタッチについてまとめられた本になっています。この本を読んでLightroomの基本的な部分や夜景のレタッチを勉強していました。最近では、普段あまり撮らないジャンルのレタッチの参考にしている本です。

最高の1枚を「撮る・仕上げる」で生み出す 超絶写真術

先程の「思い描いた世界観を表現する仕上げの技法 超絶レタッチ術」と同じシリーズからもう一冊。こちらについても風景、夜景、ポートレートなどさまざまなジャンルについて書かれていますが、レタッチだけでなく撮影のテクニックや注意点もまとまっています。夜景の項目では工場夜景の項目もあり、初めて四日市に行く前に読んでいました。

まとめ

カメラについての勉強方法のひとつとしてKindle Unlimitedを紹介しました。月額約1000円で雑誌や教本を読めるのはお買い得ですよね。ぜひ、Kindle Unlimitedで知識をインプットしてみてください。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。