水辺越しの夜景を楽しめる公園「豊洲ぐるり公園」から夜景を撮ってみた。

撮影スポット

豊洲にできた新しい公園「豊洲ぐるり公園」。この公園からは東京タワーやレインボーブリッジを眺めることができ、夜景撮影にオススメなスポットです。公園自体も広く、散歩やサイクリングをしつつ撮影するなんてこともできるスポットになっています。今回はこの豊洲ぐるり公園を紹介します。

豊洲ぐるり公園の基本情報

ららぽーと豊洲のあたりから海沿いに伸びている公園です。東京タワーやレインボーブリッジが見えるあたりは下の地図のポイントのあたりになります。

アクセス

最寄駅は東京メトロ有楽町線の豊洲駅ゆりかもめの市場前駅です。東京タワーやレインボーブリッジが見えるあたりは公園の端なので豊洲駅からアクセスするとそこそこ歩きます。

撮影について

夜景を撮る上で気になる情報をまとめてみました。詳細はこの後写真とともに紹介したいと思います。

オススメレンズ標準レンズ、望遠レンズがオススメです。
三脚使えます。
雰囲気休日の夜でも釣り人やランニングしている方が多いです。

休日でも平日でも釣り人やランニングしている人などそれなりに人の多い公園です。

実際に写真を撮ってみた。

晴海方面

Nikon D750  AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
ISO 100 / 38 mm / f 11 / SS 15 s
Sony a7iii SEL24105G
ISO 100 / 53 mm / f11 / SS 6 s

晴海大橋や豊洲大橋のあたりから晴海方面を撮影したものです。この辺りから撮れる景色は、ビルというよりはタワマンがメインになります。そのため、休日でも比較的明るい夜景を撮ることができます。

Sony a7iii SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS
ISO 100 / 132 mm / f13 / SS 13 s

選手村方面を撮るとこんな写真が撮れます。明かりがほとんどなく真っ暗ですが、規則性のある写真は面白いです。

東京タワー

Nikon D750  AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
ISO 110 / 120 mm / f 16 / SS 13 s

公園の端まで来るとやっと東京タワーが見えてきます。海沿いからの撮影のせいかビルが密集しているというほどではなく派手さは控えめです。ただし、晴海埠頭も合わせて撮れるので海沿いならではの絵になります。

Sony a7iii SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS
ISO 100 / 242 mm / f11 / SS 6 s

ちなみに、休日にこの場所から東京タワーを撮るとビル群はかなり暗く、東京タワーだけ引き立たせることもできます。東京タワーについては、別の記事で他の撮影スポットについてまとめているので、ぜひ読んでみてください。

【参考記事】【保存版】東京タワーを撮るならココ。オススメレンズも合わせて紹介撮影スポットまとめ

レインボーブリッジ

Sony a7iii SEL24105G
ISO 100 / 51 mm / f11 / SS 10 s
Sony a7iii SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG DN OS
ISO 100 / 256 mm / f13 / SS 6 s

東京タワーが見えるところから方向を変えるとレインボーブリッジも見えます。実際に撮影してみると距離の関係か色々なパターンで撮ることが難しいように感じます。望遠レンズで切り取ってみましたがどうですかね?

お台場方面

公園の端まで来るとお台場も見えてきます。マンションと観覧車、首都高を合わせて撮影できます。

まとめ

今回は晴海方面から、東京タワー、レインボーブリッジまで撮影できる公園「豊洲ぐるり公園」を紹介しました。人も多く綺麗な公園なので安心して撮影できます。基本的に海や運河を挟んだ撮影なので、レンズは標準から望遠を使うといい感じに撮影できます。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。