億劫になりがちな梅雨時期の撮影テクニック。雨の日だからこそ撮れる写真を狙う

撮影テクニック

6月といえば梅雨、雨、ジメジメといったように出かけるのが億劫になる時期です。特に雨が降っていると撮影に行く気力が削がれます。しかし、雨の日だからこそ撮影できる写真もあります。今回は雨の日に撮れる写真、注意点、快適に撮影するためのグッズなどを紹介していきたいと思います。

雨の日だから撮れる写真

ここでは、雨の日に撮影した写真を紹介していきます。

リフレクション

やはり、王道は水溜りを使ったリフレクションです。割とどこにでも存在するので色々なパターンの写真が撮れます。雨がやんでいれば綺麗なリフレクション、雨が降っていれば上の写真のようにゆらぎのあるリフレクションが撮影できます。リフレクションの具体的な撮影方法は別の記事にまとまっているので是非読んでみてください。

【参考記事】リフレクションの撮り方:反射を利用してカメラで鏡の世界を表現

リフレクションの撮り方:反射を利用してカメラで鏡の世界を表現 – よるどり

また、水溜りではなくただの濡れた地面のリフレクションもオススメです。夜だと街のネオンが地面に反射して良い雰囲気に仕上がります。

雨が降っているおかげで、明かりが地面に反射してただの横断歩道も良い雰囲気になります。

傘をさした人

リフレクションに通行人を合わせた写真ですが、傘を持っていることによって人も強調できますし、雨が降っている状況も伝わってきます。今回はビニール傘ですが、もし、赤や黄色や柄物のような目立つ傘をさしている人がいればアクセントになって写真の雰囲気も変わります。

水滴・玉ボケ

ガラスについた水滴と街の明かりの玉ボケを合わすのもオススメです。上の写真は、ピントを合わせた写真とずらした玉ボケの写真を比較明合成した一枚ですが、わざとピントをずらした写真だけでも雨らしい写真になります。玉ボケの撮影方法は別の記事にまとめているので参考にしてみてください。

【参考記事】3ステップで撮れる!一眼レフでキラキラな玉ボケを撮影してみよう

3ステップで撮れる!一眼レフでキラキラな玉ボケを撮影してみよう – よるどり

撮影時の注意点

なるべくカメラ・レンズを濡らさない

当たり前ですが、カメラは精密機器なのでなるべく濡らさないように気をつけましょう。レンズによっては防水対策が施されたものもありますが、完璧ではありません。多少、濡れるくらいでは問題ありませんが、カビの原因にもなるので撮影終了時にはしっかりと水分を拭き取りましょう。

レンズの交換注意

雨の日はレンズ交換に注意が必要です。センサー付近に水滴がつくと面倒なことになるので、雨が降っている屋外でのレンズ交換はオススメしません。交換をしないで済むようなレンズ選択や室内で交換するように心がけましょう。

レンズフードをつける

レンズフードとは、上の画像のようなレンズにはめ込むものです。このレンズフードによってレンズ表面に水滴がつきにくくなります。レンズが濡れてしまうと水滴が写真に映り込んでしまうので装着しましょう。

オススメグッズ

雨での撮影だと、カメラもカバンも自分も濡れてしまいます。そんな状態でも撮影が円滑にできるようにいくつかグッズを紹介したいと思います。

Wpc. Back Protect Umbrellaは名前にもあるように後ろ側が少し大きくなっている傘です。これによってカメラを収納しているリュックなどを普通の傘よりも守りやすくなっています。

防水スプレー

次は防水スプレーです。バッグやジャケットなどにかければ簡単に防水機能を付与できます。強力な防水スプレーではありませんが、革製品にも問題なく使えるので日常使いにおいて汎用性が高いものです。

シューズ

足元に関しては、トレッキングシューズを履いている人、ゴム製のサイドゴアブーツを履いている人などさまざまですが、私は学生時代から愛用しているDr.Martensを履いています。革靴ですが、コーティングも丈夫でソールもゴツゴツなので滑りにくいです。普段使いもできて多少ガサツに扱っても問題のない革靴なので重宝します。

一般的なスニーカーだと対策しても中々浸水は避けれないのでオススメしません。

まとめ

雨が降っていると出かけることが面倒になりますが、雨だからこそ撮れる写真も多いです。同じ場所でもリフレクションが撮影できたり、晴れの日と比べると雰囲気がガラッと変わるので新しい発見も多いです。

機材も心配になりますが、多少の雨ならカメラは問題ありません(責任は取れないので過信しないでください‥)。撮影後にしっかりと水分を取り除けば問題なく使えます。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。