【メモリ何GB?】フォトグラファー目線でのM1チップ搭載Mac Book Airをレビュー

PC

趣味で写真を撮っていてPCで編集する方だとMac Bookは選択肢に入ってきますよね。デザイン、クリエイティブ系はMacというイメージもありますし、私の周りでも使っている方が多いです。今回は、Mac Bookの最新モデルM1チップを搭載したMac Book Airについてフォトグラファー目線で話したいと思いますので、検討している方はぜひ参考にしてください。

M1チップ搭載のMac

M1チップとは何か

M1チップとは2020年11月にAppleから発表された新しいSoC(System on a Chip)のことです。詳細は、Wikiのリンクを貼ったのでそちらで確認していただければと思います。大雑把に書くとSoCとはPCを構成するパーツの一部を一つにまとめたものという感じです。今まではIntel製のCPUを搭載していましたが、最新モデルは完全にAppleオリジナルのM1チップを採用しています。

現在発売されているPCモデルだとMac Book Air / Pro, Mac miniの搭載モデルが発売されており、細かい仕様の違いはありますが基本的には同じM1チップというSoCが乗っています。

巷での評価と購入の決め手

ここでは、私がMac Book Airを購入するにあたって参考にした記述や実機を見た感想、店頭での店員さんの意見をまとめました(ネット上のレビューが多いです)。

  • 発熱がとにかく少ない
  • バッテリーの持ちが良い
  • AirとProの差は今までと比べて少ない。発熱が気になる人はファンのついているProを買うべき
  • Intel版のモデルと比べてメモリの使い方がとても効率的
  • カスタムしないメモリ8GBモデルでも、簡単な4Kの動画編集なら問題ない。
  • メモリ8GBモデルで全てのアプリケーションを起動してみたがかくつかない(Final Cut Proとかゴリゴリに使っても)
  • 上記の状態でスワップもほとんど発生していなかった(スワップについては後で出てきます)
  • 写真編集でも重いことをしないなら8GBのメモリで充分なくらい

色々な意見をまとめるとメモリ効率が良いから画像・動画編集(FHDなら)基本的に8GBメモリで足りるよ。4K動画をゴリゴリにやる人は足りなくなるくらいかなーといった感じ。某量販店て話を聞いた店員さんも同じことを言っていました。

上のポイントを踏まえて私はMac Book Airの最も安いモデルを購入しました。これで、移動中も編集できるし仕事の対応も一部できるようになると喜んでいました。

実際に使ってみて

先に結論を述べます。Lightroom ClassicやPhotoshopを使うのであれば大人しくカスタマイズしてメモリを16GBにすることをお勧めします。メモリ効率が良い、8GBで問題ないとは?笑って感想が正直なところですちなみに、価格はMac Book Airの場合は追加で22000円かかり、納期も余計にかかります。また、購入時以外は増設はできないので注意が必要です。もし、メモリを追加したものが欲しい場合、売却して書い直すくらいしか方法がありません。

メモリ問題

おそらくM1チップ搭載のMacを購入する人の最大の問題点、メモリの容量についてです。以前、私はIntel版のMacでメモリ8GBは問題なく使えるけど余裕はないよと記事に書いたことがあります。

【参考記事】RAW現像用のPCについて考える。LightroomとPhotoshopを快適に使うスペックは?

RAW現像用のPCについて考える。LightroomとPhotoshopを快適に使うスペックは? – よるどり

実際にIntel版のメモリ8GB Mac miniでLightroomを動かしてみると下のような状態になります。

Intel版 メモリ8GB

すごく大雑把に見ますが、8GBのうちLightroom Classicだけで約5GB使っているので余裕はないけど大丈夫かなってくらいです。動作的には、問題なく使えるが稀にもたつく程度です。画像下部にあるメモリープレッシャーというグラフを見ても大丈夫そうです。一方で、メモリ効率が良いと評判のM1チップ搭載のMac Book Airで起動させると下のようになります。

M1版 メモリ8GB

何故かもっと余裕がなくなりました。。。。先程と同様にメモリプレッシャーという部分をみると一目瞭然です。Lightroom Classicのバージョンは最新でM1チップにも対応しているものを使っています。動作については、結構サクサクなのでこんなことになっているなんて想像できませんでした。

試しにPhotoshopやLuminarAIも試してみましたが、ほとんど同じ挙動、使い勝手でした。

Lightroom Classic + Photoshopで3枚のレイヤを開いた
Luminar AIのみを起動した

確かに、この状態でも動作自体は問題なくスムーズに編集できます。しかし、スワップという機能を使って動いているのであまり良い状態とは言えません。スワップとは、これもまた大雑把にいうとSSD(データを保存しているところ)の一部をメモリとして借りているような状態です。SSDを借りている分SSDも磨耗してしまいますので、PCの寿命を縮める原因になります。自分で交換できないMac Book AirにとってSSDの故障は致命的です。

書き出しと発熱

メモリについては残念なことしか書いていませんが、M1チップの良いところももちろんあります。書き出しはかなり優秀です。試しにSony a7iii(2400万画素)のRAWファイルを50枚一気に書き出して比較しました。結果は以下のようになります。

Intel版 Mac MiniM1 Mac Book Air
1分57秒1分10秒

Mac MiniのCPU(Core i5 8500B)はそこまで優秀なものではありませんが、書き出しにおいては50秒近い差が生じました。もし、優秀なCPUを搭載したPCを持っている方ならそこまで差を感じないかもしれませんので、あくまで目安程度にみてください。また、Mac Miniでは発熱が大きくファンが唸ります。一方、M1 Mac Book Airでは発熱を感じません。発熱が少ないというレビューはどうやら本当です。

外部接続

USB Type-Cのポートが左側に2つあるだけです。ハブを使えば接続自体に問題はありませんが、左側にしかポートがないという点はネックですね。場所によっては右側から充電したい場合などもあるので使っていて不便を感じます。

大きさ・重さ

非常に持ち運びやすい大きさ・重さです。以前は15 inchのMac Book Pro(1.8 kg)を持ち歩いていたので、カメラと合わせととでもしんどい重さになっていました。それに比べると1.2 kgのMac Book Airはだいぶ軽いです。悲しいことに、今のところこの部分が一番のメリットに感じているかもしれません。

充電器

充電器のパワーは30Wなので、サードパーティー製の充電器でも対応しているものが多く、小さい物が多いです。純正でも問題はありませんし付属してきますが、私はUSB-Aポートが1つ追加されているAnker PortAtom3を使っています。スマホも同時に充電できるのでオススメです。

まとめ

LightroomやPhotoshop, LuminarAIをメインで使う人は、M1チップのMacでも大人しくメモリを16GBにカスタムしましょう。メモリ効率が良いなど言っている人が多いですが、レタッチにおいてはその良さが私には正直わかりません。価格はMac Book Airの場合+22000円します。そして、購入時以外の増設はできないので後悔しないようにしましょう。

私がM1チップの性能を使いこなせていないだけかもしれませんが、正直みんなが持ち上げるほど良いものではないように感じます。もちろん、良いものですが過大評価というか。。。。

記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをお願いいたします。